2017年4月14日金曜日

ポルシュレ ポマール・シャンラン&フレミエ、ヴォルネイ・シャンパン2014

2017年4月8日に試飲。
ドメーヌ・モンテリー=ドゥエレ=ポルシュレの
全て2014年。


ワインは全て12時間前に抜栓。

ワイン生産者カタルディーナ・リッポは、全除茎、低温マセレーション、16~18ヶ月の長い樽熟成。新樽約1/3。

ポマールPCシャンラン (shop)

明るい色調ながら力強い。口中の素晴らしい緊張感。大変余韻が長く、複雑で、素晴らしいレトロオルフェクション。偉大なワインです。

ポマールPCフレミエ (shop)

おそらくシャンランよりエレガント。勿論好みによります。
タンニンはずっと滑らかで、多分更に複雑で、かなり深い。レトロオルフェクションも素晴らしいです。

ヴォルネイPCシャンパン (shop)

タンニンは更にもっと滑らか。おそらくずっと温暖な畑のせい?スタイルが前2種とは多少違う感じ?色調は前2種よりも深い色合いで、多少濁っていて、ちょっとボルドーのワインのような感じです。大変楽しめるワインですが、少なくともこの日はまだ他の二つのレベルには至っていません。

これらのワインはどれも長熟するようデザインされています。10~15年の間に飲んでも全く問題ありません。これらのワインのスタイルは大変貴重です。これら3種のプルミエ・クリュを比較するのは大変興味深いです。今回の試飲から言えることは、ブルゴーニュの異なる畑のワインは、畑の位置があまり離れていなくても、味わいは全く異なるということです。そしてこの事から、彼女が大変明確なスタイルの良い仕事をする生産者だということが言えます。

追伸(2017年4月10日):これらのワインの作り手カタルディーナ・リッポとメイルでやりとりしました。(彼女は今アメリカで自分のワインの紹介をしているところです。)ヴォルネイが他のポマール2種と味わいが多少異なるので、この3つのワインの醸造プロセスが同じかどうかを尋ねました。彼女の返答は明確で、この3種のワインは全く同じ醸造を行ったそうです!!! 彼女曰く、シャンパンは暫く待つ必要があるとのこと。彼女のワインについては、私よりも彼女のほうが良く知っているけれど、私も同じ印象を持ちました。シャンパンはまだ果実味のある段階で、アミル基のアロマが現在あります。

追記:ヴァンファン本浜はドメーヌ・ポルシュレのワインの正規輸入者です。生産者セラーから直接定温輸入しています。

原文(Francais)>Porcheret - Pommard(s) Chanlins & Fremiers and Volnay Champans 14

2017年4月9日日曜日

Porcheret - Pommard(s) Chanlins & Fremiers and Volnay Champans 14


Tasted on the 8th of April: Porcheret's Pommard 1er Cru Chanlins, Pommard 1er Cru Fremiers and
Volnay 1er Cru Champans, all vintage 14.

Bottles were opened 12 hours in advance.

Winemaker Cataldina Lippo uses full destemming, cold soaking, long ageing in barrels
16/18 months. About 1/3 new oak for barrels.

Pommard PC Chanlins. Light color but powerful. Great tension in mouth, very long, complex, great retro-olfaction. Superb.
Pommard PC Fremiers. May be more elegant than the Chanlins, that is a matter of taste...
Tannins are smoother, may a bit more complex, quite deep. Superb retro-olfaction too.
Volnay PC Champans. Tannins are even smoother... May be due to a warmer parcel? Style seems to be slightly different (?). Color is darker than the two other wines, a little troubled, it looks a bit like a Bordeaux wine. Enjoyable but not as the level of the other two wines, at least on that day.

All these wines are designed for ageing. They can be drunk in 10 or 15 years without problems. The style of these wines is very precise. It was really interesting to compare these three PC wines. This tasting confirmed that burgundian wines from very close parcels can really taste differently. And this shows also that the winemaker is good with a very precise style.

PS - 10th of April: I had an email conversation with Cataldina Lippo who made these three wines. (She is now in the US to present her wines.) Since the Volnay tasted slightly different from the two Pommards I asked whether she really apllied the same vinification processes for the three wines. And her answer is clear: she dis exactly the same vinification for the three wines!!! She said that Champans needs to be waited for. She knows her wines better than I do but I have this feeling too. Champans is still too fruity with amylic aromas right now.