2010年12月29日水曜日

ワイン講座 香月市民センター


ご近所の香月市民センターにてワイン講座を開催することになりました。やはりご近所のオペラ歌手野見山御園さんの紹介で、香月市民センターの館長さんとお知り合いになり、今回の企画の実現となりました。今までワインに親しむ機会の無かった方や、興味はあるけれどどういう風に飲んだらいいのか分からない、といった初心者の方から、ワイン大好きでもっと知りたい試したい方、また昔フランスの映画や音楽を楽しんだ世代の方や、フランスの歴史や文化に触れてみたい方も、ぜひお越しください。

日時: 2011年1月22日(土) 18時半~20時
場所: 香月市民センター(八幡西区香月中央1丁目7-1) 講堂
参加費: 試飲する方1,500円(ワインとおつまみ)
      試飲しない方750円(ソフトドリンクとおつまみ)
お申込み・お問い合わせ: ヴァンファン本浜(093-618-8330)または香月市民センター(093-617-0203)

2010年12月22日水曜日

Blind tasting

I found the following video that you might understand even if you don't get any French. It is somehow funny how mythic wines can be assessed by blind tasting. Of course this trial is biased by the selection of wines but it certainly says something. Some here even confused La Mission Haut Brion with a Saint Emilion... According to these people for 14,00 euros one can get something better than for 1300 euros. Their final ranking is worth seeing. Enjoy!
video

2010年12月21日火曜日

Wonderful life - BBQ on Sunday




This sunday there was a bbq taking place at Miss Masako Nagamura's dog training-club "Wonderful Life". They are neihghbours in Nogata. We paid a visit with children, that was good fun. We were lucky the weather was really fine... If you like dogs this is the place to go! That is paradise for them. Wooo, wooo... http://wonderfullife1.web.fc2.com/index.html

2010年12月14日火曜日

Update - Uliz


I just had Antoine Petitprez on the phone from France. He is doing well and his Meursault and Pommard wines are now served in the most prestigious French restaurant (hint: close to Lyon ...) I am really pleased because I knew his wines are excellent. Congratulations Antoine!

2010年12月11日土曜日

X-mas party 10-12 Pont de Fer, pics & thanks







video video


Thanks to all who attended the X-mas party! I hope that you enjoyed food, wine and had good fun. Thanks also for your feedback & suggestions. A couple of pics above and quizz's question 3 with answer. Enjoy "Les Feuilles Mortes", a song in every jazz-band's repertoire.

Cheers to rue Abesses, Pont de Fer, Abondante & Lawrence.
Best,
V.

2010年12月1日水曜日

Visite chez Pot au Feu - Kokura



Nous avons rendu visite hier a Takahashi-San pour mettre au point une soiree gastronomique. Ce sera donc le soir du Vendredi 4 Fevrier. Nous proposerons un menu autour de 8000 yens, vins compris. Au menu: terrine en entree & en plat principal ce sera du canard Japonais (voir photo). Les vins proviendront de la cave Vins Fins Motohama: Saint Romain 2007 Uliz en entree puis Auxey-Duresses ou Pommard 2007 Uliz pour la terrine et le Pomerol 2003 Chateau Bellegrave pour le canard. Nous prevoyons deux bouteilles de vin rouge pour quatre personnes!

Takahashi-San est un jeune cuisinier qui a ouvert son restaurant "Pot au Feu", il y a un an et demi. Prealablement il a travaille plusieurs annees en France dans divers restaurants dont plusieurs etoiles dont L'azimut a` la Trinite'-sur-Mer et Au Crocodile a` Strasbourg. Il a fait ses premieres armes a` Barcus pre`s d'Oloron-Sainte Marie dans le pays Basque. Mr Takahashi parle d'ailleurs un tres bon Francais. C'est un excellent cuisinier, entre autre il confectionne sa propre charcuterie. Sa philosophie est de servir un cuisine traditionelle Francaise de terroir. C'est un peu l'anti-these de la cuisine Nouvelle avec peu dans l'assiette... En bref Pot Au Feu est une adresse pour tres bien manger Francais... L'idee de la soiree du 4/02 est de marier la cuisine de Takahashi-San avec des vins de terroir superbes et encore accessibles: ceux d'Antoine Petitprez et de Jean Marie-Bouldy. Je suis extremement enthousiaste pour cette soiree gastronomique.

ワイン会の打ち合わせに、ポトフの高橋さんを訪問。ワイン会は2月4日金曜日に。参加費はワインも含めて約8000円の予定。メニュー案としては、前菜にテリーヌ、メインにはこの時期が旬の糸島産の青首鴨(写真参)。ワインはヴァンファン本浜より、サン・ロマン ウリーズ 2007を皮切りに、テリーヌにオーセ・デュレス プルミエ・クリュ もしくは ポマール、鴨にはシャトー・ベルグラーヴ ポムロル 2003。赤ワインは、4人で2本の量をお出しする予定です。

約1年半前にレストラン「ポトフ」を開いた若い料理人高橋さん。その飄々とした風貌とは対照的に、フランスにて何年も数々のレストランで働いた輝かしい経歴の持ち主です。中には、la Trinite'-sur-MerのL'azimutや、StrasbourgのAu Crocodileといったミシュラン星付きレストランも。また、バスク地方のOloron-Sainte Marie近郊のBarcusにて最初の修行もされています。彼は当然ながら大変流暢にフランス語を操ります。彼は大変素晴らしい料理人で、特にシャキュトリー(パテ、ソーセージ、ハムなど)が得意です。彼の料理哲学は、フランスの伝統的なテロワールの料理を提供することです。お皿に上品に盛るヌーヴェル・キュイジーヌとは逆ですね…。とにかく、ポトフはフランスの味を満喫するにはお勧めです。
2月4日のワインと料理の夕べは、高橋さんの渾身の料理と、素晴らしくて気軽に楽しめるアントワン・プティプレとジャンマリー・ブルディのテロワールワインのマリアージュをご披露したいと思います。私たちも、今から準備に熱が入っています!

2010年11月28日日曜日

Ide Racing Team





A few pics of nice Italian and French antics by Ide. I love that R8 number 8. And what about that Dauphine Gordini with speed indicator up to 90k/h... My Grand-dad had a Dauphine, I remember that he had to put bags of sand in the front boot to keep the car stable. Ide had nice Alpha's too.

2010年11月22日月曜日

X-mas party Brasserie Le Pont de Fer 10 Décembre


Bistrot Ishida, Rue Abesses & Vins Fins Motohoma vous proposent un diner Francais à la brasserie "Le Pont du Fer" le 10 décembre à 19h00.

Il s'agit de passer un bon moment dans un lieu typique et convivial et de tres bien manger et boire Francais. Le tout sans chi-chi et pour un prix raisonnable. Ce n'est donc pas un repas avec 10 micro-plats différents que nous vous proposons mais un repas typiquement servi dans les brasseries Francaises à la période de Noel. À ce propos vous pouvez visionner quelques vidéos jointes a ce blog pour vous familiariser avec l'ambiance des brasseries Francaises.

Je prévois quelques animations et même la musique sera Francaise... Si, si... il y a bien de la musique Francaise!

Le diner sera un très classique "entree+plat principal+ dessert" preparé par le Chef Ishida lui-même. Au menu: huitres en entrée et confit de canard en plat principal. (Pour ceux qui ne supportent pas les huitres, Ishida-San proposera autre chose.) Les vins proviendront de la cave Vins Fins Motohama: Macon Village blanc 2008 de la Cave de la Vigne Blanche (blanc) & Bourgogne Pinot Noir 2006 du Domaine Schmitt (rouge). Les portions seront généreuses et nous prévoyons une bouteille de blanc et une de rouge pour quatre personnes. Le tout servi pour 5000 yens! Le vie est belle n'est ce pas?

Que dire de plus? Si! Le Bourgogne rouge 2006 de Schmitt est absolument superbe en ce moment et il sera très bien avec le confit. C'est un vrai vin pour à peine le prix d'un Beaujolais nouveau...

Nous espérons avoir le plaisir de vous renconter lors de cette soirée.
Nos meilleures salutations.
video video video

クリスマス パーティ@ル・ポン・デュ・フェール
2010年12月10日(金)19時より
Le Pont de Fer (小倉北区大手町3-1土居ビル1F、鉄の橋の袂)
参加費 5,000円(お食事、ワイン込み)

本場フランスのブラッスリーを丸ごと体験しましょう!フランス語やフランス音楽が飛び交い、見せかけじゃなくて本物でなきゃ納得しないフランスっ子を唸らせるお食事は、ドンと出た山盛りのお皿、テーブルには常にワインが並び、みんなでワイワイ、ガヤガヤ、ムシャムシャやる、本当のフランスを体現します。
更にはクリスマスの楽しい仕掛けもお楽しみに。ヴァンサンの案内によるフランスの音楽や映像だけじゃなくて、イタリア語や英語も聞こえてきますよ・・・?!

メニューは伝統的に、前菜+メイン+デザート のスタイルで。内容は、

前菜: 牡蠣(生牡蠣の苦手な方はお知らせください。代わりをご用意します。)
メイン: 鴨のコンフィ
デザート: お楽しみに!
ワイン: 白ワイン マコン・ヴィラージュ2008 ドメーヌ・デ・ラ・ヴィーニュ・ブランシュ
赤ワイン ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2006 ドメーヌ・シュミット

ワインはあわせて一人あたりハーフボトル(375ml)の量!!
これだけ全部で5000円とは、人生って素晴らしいですよね。

ドメーヌ・シュミットのブルゴーニュ・ルージュは本当に素晴らしいワインで、現在、鴨のコンフィにとてもよくあいます。ボジョレ・ヌーヴォーじゃなくて、ほんとのワインですよ。

皆さんのご参加を心よりお待ちしています。

定員30名(先着順で受け付けますので、お申し込みはお早めに。)

お申し込み・お問い合わせは:
ヴァンファン本浜(Tel.:093-618-8330, Mob.:090-5285-8330, Mail:contact@vinsfinsmotohama.com)
rue Abbesses アミュプラザ店(西館2階)
Le Pont de Fer(Tel.093-592-7776)

2010年11月21日日曜日

ワイン講座 木屋瀬でもやります

地元の皆さまからの熱いラブコールにお答えして、急きょヴァンファン本浜での講座を企画しました。題して

ヴァンサンと楽しむフランスワイン講座 木屋瀬でもやります

ブルゴーニュ VS  ボルドー

20101212日()14時半から16時

または

201012月15日(水)13時半から15時

ヴァンファン本浜にて

参加費 2000

フランスワインの2大生産地、ボルドーとブルゴーニュについて、フランス人講師ヴァンサンとともにフランス語(同時通訳付き)で楽しく学びます。またワインマナーやワインの扱いなどの基本や、ボルドーとブルゴーニュの最上級の美味しいワインの飲み比べなど、気軽に本場フランスのエスプリを体験しましょう!

定員10(最小催行5人)。先着順で受け付けますので、お申込みはお早目に!

お申込み、お問合せ:ヴァンファン本浜(Tel.: 093-618-8330 Mob.: 090-5285-8330

*最寄りの公共交通機関まで送迎いたしますので、事前にご相談ください。


前回のワイン講座の様子 > 

http://ameblo.jp/vinsfinsmotohama/entry-10671783

http://motohama.blogspot.com/2010/10/cours-du-vin-du-5-octobre-rue-abbesses.html

2010年11月17日水曜日

Takahashi-San (Pot-Au-Feu): le maitre saucissier de Kokura


Nous avons rendu visite hier a` Takahashi-San qui dirige le Restaurant Pot-Au-Feu a` Kokura. Nous avons d'ecide' d'organiser une soir'ee a` la fin de Janvier. Nous r'efl'echissons encore au menu et aux vins pour cette soiree. Takahashi-San a un faible pour le gibier... Je suis assez enthousiaste. Je vous tiens bien sur au courant sur le blog.

2010年11月16日火曜日

Christmas gifts: Wine and glasses


We strongly recommend such glasses for drinking great red wines since they are particularly suitable for this purpose. Their shape is typical:
- Their large basis allows oxygen to react efficiently with tannins and develop aromas.
- Narrow opening keeps perfumes within the glass.
There is therefore no need for decanters.

2010年のクリスマスのプレゼントには、本当に美味しいフランスワインに、私たちお勧めのグラスのセットは如何でしょう?私たちも特別なワインやグランヴァンを味わう時にはこのグラスを使っています。ワインを最高に味わうために、大切な方にワインにグラスを添えて贈るのは、心のこもった最高のプレゼントになるでしょう。お好きなワインを選んで、プラス2800円で、グラスを2脚つけて専用のギフトボックスに入れ、ラッピングいたします。お問い合わせ、ご注文はヴァンファン本浜へ。(電話:093-618-8330、Email: contact@vinsfinsmotohama.com、ネットショップ: http://vinsfins.cart.fc2.com/ca23/40/p-r23-s/

注、お箱の色は異なることがあります。
注2、お届けに1週間ほど時間がかかることがあります。余裕をもってご注文ください。
グラス参考 > http://www.globalwine.co.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=01628

2010年11月13日土曜日

Soiree cuisine & vins Francais - Chigusa - le 12 Nov.




Yoko et moi meme remercions tous les participants de la soiree d'hier soir. Merci egalement a l'equipe en cuisine et en particulier au Chef Iwasaki-San. J'espe`re que vous vous e^tes fait autant plaisir que moi. Je n'aurais qu'un seul regret pour cette soiree: celui de n'avoir plus de batteries pour mon appareil photo... Desole'! Voici donc les seules photos que j'ai pu prendre. Du coup je mets une photo de la vedette de la soiree: le canard (de Challans).

Bien a` vous tous.
Vincent.

2010年11月9日火曜日

手の間秋マルシェ 11/19~21

手の間の8号に私たちのワインを紹介してくださったご縁で、今度は手の間のイベント「手の間秋マルシェ」で、私たちのワインをカフェのメニューに加えてくださっています。手の間厳選のお菓子、野菜、加工食品などを販売し、そこでカフェもやるそうです。手作りの本当によいものを、手にとって見て試す絶好の機会です。

11月19日(金)20日(土)21日(日)
手の間(てのま)
〒810-0023 福岡市中央区警固2-19-9 百田ビル2階
TEL 092-761-0395

「手の間」は、さまざまな「手作り」を季刊で紹介している上質の雑誌です。内容も非常に充実していて読み応えもありますし、写真も美しい。情報も編集者が厳選していて、知らない世界を広げてくれます。
ヴァンファン本浜にも置いてありますから、ご興味ある方は寄られてください。

更に詳しくは>
http://www.tenoma.net/

Jazz Party - Sun the 28th of Nov. 16.00



Some very good music in perspective...
...VFM will be there providing wine.
At least two very good reasons to be there!

Hope to see you there.
best regards,
Vincent.

月夜のJazz Live
とき 11月28日(日)
ところ 中村さんち: 直方市上頓野(安入寺)3649
時間 Open 16:00~ Start 17:00~
料金 1,500円(ワンドリンク付き)
定員 50名 定員になり次第終了
チケット販売 080-1796-5186、 080-1741-9811、 yuru-re@docomo.ne.jp
詳しくは http://ameblo.jp/nakamurasan-chi/


Charcuterie Kawahara - de'gustation


Ce dimanche Kawahara-San nous a apporte' des jambons blancs a` deguster. Nous les avons devore's le lendemain midi. Ils 'etaient savoureux et d'excellente qualite'. Nous avions deja teste' d'autres produits de Kawahara-San, en particulier ses rillettes. C' 'etait bon e'galement.

Le travail de Kawahara-San est a` suivre, nous regouterons avec plaisir sa production. Bon courage et bonne continuation a` Mr Kawahara pour d'evelopper et commercialiser une charcuterie de qualite'.

Vincent.

後記:
翌日、K夫妻とテニスの後、お届けいただいた河原さんのロースハムと肩ロースハムを、サンドイッチに挟んでいただきました。バゲットに、トマトと庭のサラダ、カマンベールチーズにほんの少しのディジョンマスタードを加えて、パクリ。テニスの後でもあって、バゲット約2本がすぐに無くなってしまいました。K夫妻もご満悦。シンプルですが上質の、味わいのある本当にさわやかなランチでした。混ざりもののない上質の肉の味わいを楽しめる、本物のロースハムです!

河原さんは、イタリアやフランスの香りのする、手作りの上質のハム、ソーセージなどを作っていらっしゃいます。

ソーセージ作家 河原一貴
807-1152 北九州市八幡西区高江5-11-10
電話 090-2078-0690

追記:
ちなみに奥様はオペラ歌手の野見山御園さん。そのうち彼女のこともご紹介させていただきます。

Diner chez Mari & Ken Kawamoto - Bleu Ciel


Nous avons rendu visite a` Mari et Ken pour diner chez eux a` Kukora. Mari est revenue de son se'jour de plusieurs mois en France. Elle a pu y visiter de nombreux producteurs et restaurateurs.
Ken nous avait prepare' une entree de poisson tout a fait excellente avec un Champagne blanc de blanc & un Puligny-Montrachet "Les Pucelles" 2001 de Leflaive (Remerciements a` Mr Mizuuchi!). Les pigeons cuisine's par Mari e'taient fondants. Nous les avons apprecies avec un Pommard 2007 d'Antoine Petitprez (Uliz).

Scoop: Bleu Ciel risque de de'menager et de s'agrandir!

Merci a Mari et Ken pour cette soire'e et bonne continuation a` Bleu Ciel.

2010年11月8日月曜日

Nippon Steel open day - 7 Nov. Yahata






The 7th of November was open day at the Nippon Steel's rail shaping plant in Yahata (kitakyushu). I loved it. really impressive indeed but one was not allowed to take any
pic from inside the factory...

2010年10月27日水曜日

Diner a` Chigusa, Vendredi 12 Novembre - update. 11月12日千草ホテルワイン会情報アップデート








Reunion de travail cet apre`s-midi a` l'Hotel Chigusa pour tester et finaliser le menu.
Chef Junichi Iwasaki nous a pre'pare' des e'chantillons des plats de viande et poisson.
Je suis satisfait: c'est tre`s bon. J'aime le style de la cuisine proposee' par Iwasaki-San.
Ces mets sont une alliance d'excellents ingre'dients cuisine's avec beaucoup de finesse.
Les saveurs sont re'vele'es tr`es justement. A` l'image des bons vins de Bourgogne?

Voici quelques mots sur les deux plats principaux.

Le premier plat d'abord: le poisson.
Le saumon etait tres justement cuit a` la vapeur de vin blanc et accompagne' d'une sauce elabore'e a` partir de son jus, de vin blanc, de cre`me, d'e'chalottes, de celeri et avec de
la ciboulette. C'est tre`s fin et ce sera parfait avec le Meursault de Petitprez.

Second plat. Le canard de Challans tue' e'touffe'. C'est un classique! La be^te meurt en gardant son sang. La chair en est extrement gouteuse et moelleuse. Chef Iwasaki saisit d'abord les filets a` la poele avant de les rotir. La sauce a une base de jus du canard avec girolles et pleurottes. En accompagnement les pommes de terre d'Okaido "r'eveillon des Incas" ont un go^ut de chataignes. Elles sont parfaitement cuites, le'g`erement croquantes avec une texture fondante. Le plat sera tre`s bien avec le Gevrey Lavaux de Pierre Naigeon.

Je confirme les fromages: un Comte' de 6 mois et un Pont l'E've^que. Ce sera parfait pour d'eguster le Pommard "Les Argillieres" qui devrait e^tre suffisament ae're' en fin de repas.

Pour les amuse-gueules et le dessert Chef Iwasaki y refl'echissait encore... Nous devons decider cela les jours prochains. Je vous tiens au courant.

Pour les bulles de bienvenue, ce seront des bulles fines de grande qualite'! En effet Mizuuchi-San, grand amateur de Champagne et de vin, nous a donne' deux bouteilles d'un Blanc de Blanc millesime's 2005 sp'ecifiquement pour la soire'e. Grand merci `a Mr Mizuuchi.

A bientot, avec mes meilleures salutations.
Vincent Schmitt.


今日午後、千草ホテルにてメニューの試食と最終確認を行いました。岩崎淳一シェフがお肉とお魚の料理を試作してくださいました。
感想を一言で言い表せば、とにかくとっても満足です。
最高の食材の素材を大切にしながら、緻密で繊細な料理で仕上げる岩崎シェフの料理のスタイルは、味わいを絶妙のバランスで表現しています。まさに上等のブルゴーニュのワインの様でしょう?

ここで主な料理の2品を紹介すると、

最初は魚料理。
白ワインで蒸し煮された鮭は、本当に丁度よい具合に火が通り、添えられるソースは、白ワイン、クリーム、ヱシャロット、セロリを使い、香草のシブレットがまぶしてあります。大変上品でありながら伝統の逸品で、プティプレのムルソーに完璧です。

次は肉料理。
シャラン産の窒息鴨です。これもフランス伝統の食材です。特殊な方法で絞められた鴨は血を抜かずに処理してあるので、お肉が大変味わい深く、そしてとても柔らかいのです。岩崎シェフは、これをまず表面に焼き目を付けた後、オーブンで焼きます。
ソースは、鴨の煮汁をベースに、フランス産のフレッシュなキノコを加えたものです。この日はジロールとプルロットを用いていましたが、フランスから空輸してくるため、当日のキノコはその日に入荷されたものによるので、その日のお楽しみです。フランスの野生キノコの味わいとバラエティーは語り始めるときりがない程ですが、この時期の伝統料理には欠かせない香り高い高級素材の一つです。
付け合せにはこちらは日本の高級食材、北海道産のじゃがいも"インカの目覚め"。小粒で中は黄色く、味わいは栗のようです。これをシェフがまた絶妙の火加減で仕上げ、微かな歯ごたえと、溶けるような舌触りです。この一皿は、ピエール ネジョンのジュウ゛レ ラウ゛ォーに素晴らしくあうでしょう。

チーズは、共にフランス産のコムテ6ヶ月熟成と、ポンレウ"ェック。食事のクライマックスに向けて十分に空気に触れたポマール ザルジリエールを味わうのに完璧です。

アミューズ・ブーシュとデザートはまだ岩崎シェフが考慮中ですのでお楽しみに。

皆様を御迎えする泡ものに、素晴らしく上等の繊細な泡をご用意することができました。今回のワイン会に残念ながらご都合で参加いただけない、シャンパンとワイン愛好家の水内氏から、2005年のブラン・ド・ブランを2本、皆さんに味わっていただきたいと、このワイン会のために特別に寄贈いただきました。水内さん本当にありがとうございます!

皆さんとワイン会でお会いするのが本当に楽しみです。

Visit at Mieno-San's Works company










Mr Mieno nous a acueilli pour une visite de son usine "Works" specialisee en nanotechnlogies. Ca m'a fait vraiment fait plaisir de visiter une entreprise industrielle faisant de la haute technologie. Il faut dire que cela n'existe quasiment plus en France. Works produit des micro-composants mecaniques ou optiques dont les tole'rances sont spe'cifiees au micron: des matrices des lentilles optiques pour mobile-phones, de l'outillage pour l'industrie du composant electronique, des produits medicaux tels les patchs-diffuseurs...
Les machines-outils sont Suisses ou Allemandes, la partie controle et informatique et l'ingenierie sont Japonaises. Les chaussures blanches en coton pour renter dans l'atelier sont made in China. Ci-dessus quelques cliche's de l'atelier avec salles climatisees.

Merci a` Mieno-San pour son accueil fort chaleureux et bonne continuation a` Works.