2010年12月29日水曜日

ワイン講座 香月市民センター


ご近所の香月市民センターにてワイン講座を開催することになりました。やはりご近所のオペラ歌手野見山御園さんの紹介で、香月市民センターの館長さんとお知り合いになり、今回の企画の実現となりました。今までワインに親しむ機会の無かった方や、興味はあるけれどどういう風に飲んだらいいのか分からない、といった初心者の方から、ワイン大好きでもっと知りたい試したい方、また昔フランスの映画や音楽を楽しんだ世代の方や、フランスの歴史や文化に触れてみたい方も、ぜひお越しください。

日時: 2011年1月22日(土) 18時半~20時
場所: 香月市民センター(八幡西区香月中央1丁目7-1) 講堂
参加費: 試飲する方1,500円(ワインとおつまみ)
      試飲しない方750円(ソフトドリンクとおつまみ)
お申込み・お問い合わせ: ヴァンファン本浜(093-618-8330)または香月市民センター(093-617-0203)

2010年12月22日水曜日

Blind tasting

I found the following video that you might understand even if you don't get any French. It is somehow funny how mythic wines can be assessed by blind tasting. Of course this trial is biased by the selection of wines but it certainly says something. Some here even confused La Mission Haut Brion with a Saint Emilion... According to these people for 14,00 euros one can get something better than for 1300 euros. Their final ranking is worth seeing. Enjoy!
video

2010年12月21日火曜日

Wonderful life - BBQ on Sunday




This sunday there was a bbq taking place at Miss Masako Nagamura's dog training-club "Wonderful Life". They are neihghbours in Nogata. We paid a visit with children, that was good fun. We were lucky the weather was really fine... If you like dogs this is the place to go! That is paradise for them. Wooo, wooo... http://wonderfullife1.web.fc2.com/index.html

2010年12月14日火曜日

Update - Uliz


I just had Antoine Petitprez on the phone from France. He is doing well and his Meursault and Pommard wines are now served in the most prestigious French restaurant (hint: close to Lyon ...) I am really pleased because I knew his wines are excellent. Congratulations Antoine!

2010年12月11日土曜日

X-mas party 10-12 Pont de Fer, pics & thanks







video video


Thanks to all who attended the X-mas party! I hope that you enjoyed food, wine and had good fun. Thanks also for your feedback & suggestions. A couple of pics above and quizz's question 3 with answer. Enjoy "Les Feuilles Mortes", a song in every jazz-band's repertoire.

Cheers to rue Abesses, Pont de Fer, Abondante & Lawrence.
Best,
V.

2010年12月1日水曜日

Visite chez Pot au Feu - Kokura



Nous avons rendu visite hier a Takahashi-San pour mettre au point une soiree gastronomique. Ce sera donc le soir du Vendredi 4 Fevrier. Nous proposerons un menu autour de 8000 yens, vins compris. Au menu: terrine en entree & en plat principal ce sera du canard Japonais (voir photo). Les vins proviendront de la cave Vins Fins Motohama: Saint Romain 2007 Uliz en entree puis Auxey-Duresses ou Pommard 2007 Uliz pour la terrine et le Pomerol 2003 Chateau Bellegrave pour le canard. Nous prevoyons deux bouteilles de vin rouge pour quatre personnes!

Takahashi-San est un jeune cuisinier qui a ouvert son restaurant "Pot au Feu", il y a un an et demi. Prealablement il a travaille plusieurs annees en France dans divers restaurants dont plusieurs etoiles dont L'azimut a` la Trinite'-sur-Mer et Au Crocodile a` Strasbourg. Il a fait ses premieres armes a` Barcus pre`s d'Oloron-Sainte Marie dans le pays Basque. Mr Takahashi parle d'ailleurs un tres bon Francais. C'est un excellent cuisinier, entre autre il confectionne sa propre charcuterie. Sa philosophie est de servir un cuisine traditionelle Francaise de terroir. C'est un peu l'anti-these de la cuisine Nouvelle avec peu dans l'assiette... En bref Pot Au Feu est une adresse pour tres bien manger Francais... L'idee de la soiree du 4/02 est de marier la cuisine de Takahashi-San avec des vins de terroir superbes et encore accessibles: ceux d'Antoine Petitprez et de Jean Marie-Bouldy. Je suis extremement enthousiaste pour cette soiree gastronomique.

ワイン会の打ち合わせに、ポトフの高橋さんを訪問。ワイン会は2月4日金曜日に。参加費はワインも含めて約8000円の予定。メニュー案としては、前菜にテリーヌ、メインにはこの時期が旬の糸島産の青首鴨(写真参)。ワインはヴァンファン本浜より、サン・ロマン ウリーズ 2007を皮切りに、テリーヌにオーセ・デュレス プルミエ・クリュ もしくは ポマール、鴨にはシャトー・ベルグラーヴ ポムロル 2003。赤ワインは、4人で2本の量をお出しする予定です。

約1年半前にレストラン「ポトフ」を開いた若い料理人高橋さん。その飄々とした風貌とは対照的に、フランスにて何年も数々のレストランで働いた輝かしい経歴の持ち主です。中には、la Trinite'-sur-MerのL'azimutや、StrasbourgのAu Crocodileといったミシュラン星付きレストランも。また、バスク地方のOloron-Sainte Marie近郊のBarcusにて最初の修行もされています。彼は当然ながら大変流暢にフランス語を操ります。彼は大変素晴らしい料理人で、特にシャキュトリー(パテ、ソーセージ、ハムなど)が得意です。彼の料理哲学は、フランスの伝統的なテロワールの料理を提供することです。お皿に上品に盛るヌーヴェル・キュイジーヌとは逆ですね…。とにかく、ポトフはフランスの味を満喫するにはお勧めです。
2月4日のワインと料理の夕べは、高橋さんの渾身の料理と、素晴らしくて気軽に楽しめるアントワン・プティプレとジャンマリー・ブルディのテロワールワインのマリアージュをご披露したいと思います。私たちも、今から準備に熱が入っています!