2017年9月9日土曜日

古いワイン(その2):そのワインどこから来たの? そして日本の偽ワイン問題

売れ残りのワイン、ブルゴーニュにて
存在しないことで有名な大きいサイズのDRC34、楽天より
私は、古いというか「古すぎる」ワインやシャンパンまでが、日本である意味流行しているのに驚いています。そして同時に、偽物のワインを日本でも沢山見かけます。特に高級アペラシオンのものが多いけれど、そればかりでもありません。

日本の読者の皆さんのために、ワインを長く保存するために、どんなワインをどの位、そして何のために保存するのか、など簡単なアドバイスを前の記事(古いワインその1:ワインは何でも長く置いておけば置くほど美味しくなるの?)に述べました。

では今度は、古いワインを購入するときのアドバイスと注意する点について述べたいと思います。

2017年8月19日土曜日

古いワイン(その1):ワインは何でも長く置いておけば置くほど良いの?

私たちはよく、20年とか50年とかいう大変古いワインについてのアドバイスを、日本のお客様たちに求められるのですが・・・
ジェルマン家(ムルソー)の個人的ストック
皆さんのお役に立てればと思い、次の質問に簡単に答えてみようと思います。
  • ワインはどのくらい長く保存できるのか?またその理由は?
  • どのワインが保存できるのか?
  • シャンパンはどうか?
古いワインの出所(でどころ)日本における偽ワインの問題については次の記事(古いワイン(その2):そのワインどこから来たの? そして日本の偽ワイン問題)で述べたいと思います。


 1.ワインはどのくらい長く保存できるの?


まず最初に白状すると・・・

2017年8月3日木曜日

Les vieux vins (2) - Sourcing & faux au Japon


Stock d'invendus... en Bourgogne

Sur Rakuten, le fameux Magnum DRC 45 qui n'a jamais existé

Je suis surpris par une certaine mode au Japon pour des vins -- ou même des champagnes!! -- très vieux, voire bien TROP vieux. On y trouve également beaucoup de fausses bouteilles, surtout sur des appelations prestigieuses, mais pas seulement sur celles-ci...

Pour nos lecteurs japonais, nous avions donné dans un article précédent: Vieux Vins - Mode d'emploi des conseils simples pour garder les vins: Quels vins garder? Combien de temps? Pourquoi?

Voici maintenant quelques conseils et avertissements pour l'achat de vins vieux.
 
Si vous voulez des vieux vins, l'idéal serait d'acheter les bouteilles après embouteillage aux producteurs et les conserver pendant une dizaine d'années pour vieillissement dans une cave à température constante de 12 degrés. Bien sur cela n'est pas possible pour tout le monde et c'est pour cela que des professionnels proposent des vins à maturité...

Maintenant, si vous voulez vraiment acheter des vieux flacons alors il y deux critères importants. Tout d'abord l'authencité des bouteilles! C'est souvent un problème, nous allons y revenir. Ensuite faites très attention à leur bon état de conservation... La bouteille a-t-elle été toujours gardée en cave à 12 degrés? Tous les pros ne disposent pas d'une cave de qualité assez fraîche. La bouteille n'a-t-elle pas subi d'accidents? Vérifiez le bouchon, le niveau, etc...

 Où et à qui acheter des vieux vins?

N'achetez jamais à des particuliers car ils ne peuvent vous assurer l'authenticité et la bonne conservation des bouteilles. Adressez-vous à des professionnels compétents ET honnêtes. Attention car ils ne le sont pas tous...

Si vous n'êtes pas connaisseur et sur de vos achats alors, peut-être vaut-il mieux oublier les très vieilles bouteilles, c'est-à-dire celle de plus de 15 ans. Elles sont de toutes façons rarement intéressantes et surtout vous risquez de vous faire arnaquer. Je voudrais vous mettre en garde:

Ne rêvez pas de la bouteille qui n'existe plus! 

Ne croyez pas à l'histoire de la bouteille qui dormait depuis des dizaines d'années et trouvée miraculeusement...

Dans le meilleur des cas, cette bouteille provient d'un stock d'invendus,  il y en a plein, surtout chez les gros négociants: Béjot, Patriarche... pour les plus connus. Certains importateurs japonais rachètent aussi ces stocks d'invendus et les réétiquètent. Si on peut douter de la qualité des ces bouteilles, car elles ne sont pas invendues pour rien -- ! --, elles sont néanmoins généralement authentiques. En effet personne ne va s'amuser à faire des faux de Savigny-les-Beaune de 40 ans en France... et il y en a plein, pas chers, chez Remoissenet par exemple. Ces vins sont vendus à bas prix par les négociants et de ce fait font le bonheur de beaucoup d'importateurs, revendeurs, restaurateurs et bars au Japon.

Parfois aussi ces vieilles bouteilles proviennent de caves personnelles et vous sont proposées... par des professionnels peu scrupuleux! Dans ce cas, il est donc quasi-impossible de s'assurer que les bouteilles sont authentiques et ont toujours été bien conservées. C'est ce que font par exemple certaines salles de vente prestigieuses. Je connais un caviste parisien qui propose sur son site à ses clients français de prendre leurs bouteilles en dépot-vente. Il leur affirme avoir un clientèle recherchant des vieux millésimes... J'ai moi-même rendu visite à un autre caviste à Beaune qui revend des vieux flacons grotesques. Les deux cavistes en question vendent visiblement bien à une clientèle japonaise.

Nous avons remarqué beaucoup de vieilles bouteilles ridicules ou d'origines douteuses sur le FB japonais, Instagram... parfois même chez des revendeurs pros ou non-déclarés, c'est-à-dire sans licences... Visiblement ces bouteilles n'ont pas été importées au Japon légalement pour la revente. Il est interdit d'importer des bouteilles au Japon pour la revente sans avoir présenté une analyse du vin à l'agence sanitaire japonaise et une déclaration d'import adéquate aux douanes. (Les bouteilles passées en douane légalement ont toutes une contre-étiquette de l'importateur japonais.) Nous déplorons que ces règles soient si souvent transgressées et que finalement n'importe qui vende n'importe quoi au Japon.

Bouteille provenant d'un caviste à Beaune - Août 2017


Facebook - Japon 2017. Pas de colerette! bouchon??
Selon l'heureux propriétaire c'était un 73!
Bien trop vieux surtout pour l'appelation mais Jayer fait toujours rêver...



Source Instagram 2017- no comment

Source: Instagram 2017 - no comment

Enfin, assez souvent, ces bouteilles miraculeuses sont des faux. Il y a au Japon une grande quantité de bouteilles fausses. On en trouve partout en vente sur FB et Rakuten...  L'arnaque la plus fréquente est de reremplir des vieilles bouteilles. C'est le plus facile surtout pour les bouteilles prestigieuses, grands crus Bordelais et Bourguignons. Parfois les faux sont grossiers: il suffit de vérifier les bouchons, les étiquettes sont souvent en mauvais état, parfois avec des taches de vins, etc... Méfiez-vous enfin, les faussaires sont malins et gagnent du crédit et la confiance de leurs clients en vendant également des bouteilles véritables, comme l'ont montré les cas de fraudes récents: Kurniawan, LVMH vs. Acker-Merall/Kapon ou du White-Club.

NB: Pour une belle collection de faux visitez aussi le blog Fakewine

2017年8月2日水曜日

超初心者入門、ワインの酸化について

大切なお客様でもある、とある友人から質問を受けたので、ワインの酸化について簡単に説明してみようと思います。

ブルゴーニュの上級白ワインについてお話しします。この種のワインにとっては、酸化は取り返しのつかない(修正できない)失敗です。 プレモックス ウィキのサイトには、ドメーヌごとの酸化例が報告されているように、少なくともアメリカで飲まれるものには残念ながら大変頻繁に起こっています。(・・・日本では全く無いのでしょうか???)

どうなるの?
ワインは酸素の作用によって何年かかけて変化します。酸化の程度と酸化するワイン中の成分によって、琥珀色から場合によっては濃い茶色へと、典型的な色みを段々帯びていきます。以下、私から見て完全に酸化してしまっているワインの写真を並べます。










酸化したワインはどれも同じアロマで支配的に覆われています。最初はハチミツ香、その後ワックス香、場合によってはマデイラ香も加わります。ワインが「煮詰まっている」とも言います。これらのアロマは、テロワールとは全く関係の無いもので、生産者は絶対に追い求めないものです。

どれが酸化に敏感なワインか?
残念なことに、酸化したワインの例は、手軽なワインだけでなく、白ワインのグランヴァンにも及びます。バタール、シュヴァリエ、その他のモンラッシェの多くが熟成する前に酸化してしまっています!大変悩ましいです。プレモックス=ウィキのリストを見てください。

原因は?
大まかに言えば、本質的に醸造が原因です! この質問に対する回答はかなり技術的な内容になります。もし興味あれば、(ヴァンファン本浜のような)有能なプロに質問するか、プロ対象の醸造学の講義を受講するとよいでしょう。敢えて皆さんのために一般的な原則をお教えするなら、要するに生産者は、長く熟成させるグランヴァンを作るか、それとも果実味のある若いうちに楽しめるワインを作るか、を選択しているのです。

原文(Francais)> Le vin oxydé -- pour les nuls

2017年7月29日土曜日

Les vieux vins (1) - Mode d'emploi

Souvent des clients japonais nous demandent conseil pour des très vieux vins, 20 ans, 50 ans...

Réserve privée chez Germain à Meursault

Pour vous aider, je vais tenter de répondre rapidement aux questions suivantes.

- Combien de temps doit-on garder une bouteille de vin? Pourquoi?
- Quels vins peut-on garder?
- Et le Champagne? 

Un prochain article traitera du sourcing des vieilles bouteilles et du problème des faux au Japon.

1. Combien de temps doit-on garder une bouteille de vin? 
D'abord je voudrais dire que j'ai été surpris par une certaine mode au Japon pour des vins -- ou même des champagnes!! -- très vieux, voire TROP vieux. Cela fait certainement le bonheur de quelques revendeurs qui peuvent se débarasser de vieux stocks d'invendus, mais d'un point de vue de la dégustation cela n'a aucun sens. Très peu de vins sont désignés pour être gardés plus de 10 ans. Beaucoup de vins sont faits sur des arômes fruités pour être consommés rapidement. Les vins de garde sont assez rares, il faut de la matière dans la bouteille. Il faut donc du terroir ET une vinification pour la garde.
   
La garde, pourquoi?
La garde sous verre permet à certains arômes de se développer ou disparaitre. Elle doit bénéficier aux vins de garde qui gagnent en complexité avec le temps. Pour les autres vins qui sont majorité, c'est le contraire et ils ne peuvent se garder plus de quelques années.

D'expérience il faut attendre au maximum une dizaine d'années au vin de garde pour attendre son apogée. Après il ne gagne plus vraiment, au mieux il se maintient.

Je voudrais vraiment réfuter les propos -- entendus au Japon -- qu'il faille attendre les grands Bordeaux de 40 ans. Aucun viticulteur ne fait du vin pour être bu après sa mort!

J'ajouterai qu'un mauvais vin ne deviendra jamais bon avec le temps. À ce propos, rappelons les propos d'Henri Jayer -- qui savait certainement faire de magnifiques vins de garde: "Un grand vin est bon toute sa vie". En gros je pense que si un vin n'est pas bon après 10 ans c'est qu' il n'est pas bon et ne le sera jamais.

2. Quels vins peut-on garder? 
Je vais juste répondre pour les vins français. Je suis convaincu qu'on peut trouver des grands vins de garde ailleurs qu'en France, en Italie notamment.

Pour les rouges. Il faut des terroirs donnant des tanins qualitatifs. Voici quelques appelations.
 
Des grands crus Bordelais rive droite Pomerol, Saint-Émilion Grand Crus ou rive gauche: Graves et Médocs classés.

Les premiers crus et grands crus Bourguignons sur les AOCs  Volnay, Pommard, Corton, Nuits-
 Saint-Georges, Vosne, Chambolle, Morey, Gevrey.

Certains Côtes du Rhône: Châteauneuf-du-Pape, Cornas, Hermitage, Côtes-Rôties.

De rares Loire sur des beaux terroirs de Chinon ou Saumur-Champigny et sur de grands millésimes peuvent se garder.

Certains crus du Beaujolais notamment Moulin-à-Vent peuvent avoir un bon potentiel de garde mais il faut choisir ses millésimes et surtout ses vignerons: Janin, Burgaud... et éviter le style Jules Chauvet: Lapierre et consort, c'est-à-dire tous ceux qui aiment s'appeler "nature"... 

Enfin certains domaines récents du Languedoc proposent de beaux vins de grande garde élaborés à partir de Cabernet-Sauvignon.

Pommard PC: des vins de gardes magnifiques

Moulin-À-Vent de 20 ans

Chinon de 25 ans

Pour les blancs secs?

Les Chardonnays de Corton, Meursault premiers crus et village, Puligny et  Chassagne grands crus et premiers crus mais pas les villages pour ces deux appelations! Attention sur ces vins blancs il faut se méfier du Premox. Il faut vraiment que les vins soient préparés à la garde par des élevages adéquats comme chez Germain, Coche-Dury, Jobard... Par contre les vins du domaine Leflaive qui se dégustent très bien dans leur jeunesse semblent avoir un vieillissement beaucoup plus aléatoire.

La couleur d'un Meursault de garde d'un quinzaine d'années (Germain - Limozin)

On peut trouver également des grands blancs secs de garde en Sauvignon en Loire sur Sancerre et Pouilly-Fumé, mais attention ici encore, très peu de vins sur ces AOCs sont faits pour la garde. On pourra choisir par exemple: Cottat, Delaporte, Boulay...

Je connais moins les vins les liquoreux de Loire et du Bordelais qui peuvent bien se garder car ils sont généralement plus protégés. Je connais bien moins les vins d'Alsace qui peuvent se garder parfois très bien sur des grands crus et des cépages nobles comme le Riesling.   

Enfin il y a les vins oxydatifs du Jura qui eux ne craignent bien sur pas l'oxydation...

Je voudrais rappeler que

L'appelation AOC ne signifie pas toujours que le vin est fait pour la garde

Certains vignerons font des grands crus qui doivent se boire rapidement. Je pense par exemple aux vignerons bourguignons qui font des vendanges entières avec des extractions très peu poussées:
Pacalet, Roch, de Montille, etc... ou qui font des élevages relativement cours sur leurs blancs: Leflaive. Pour la grande garde en rouge je préconise des vinifications classiques comme par exemple aux domaines Rouget, Lucien Boillot... et des élevages longs pour les blancs.


3. Et le Champagne?

La majorité des vins de Champagne sont à boire jeunes et ne peuvent se garder longtemps. Très peu sont vinifiés avec des élévages suffisants pour supporter la grande garde et surtout pas les rosés. De ce fait je ne vois pas d'intérêt à garder longtemps ces bouteilles si ce n'est peut-être pour atténuer la dureté due à l'acide malique résiduel -- les fermentations malo-lactiques sont généralement bloquées sur les Champagne.

2017年7月27日木曜日

良質でないネゴシアンの成功について

原文(Français) > Du succès du négoce peu qualitatif...

ムルソーの著名生産者友人--Mr X--と最近やりとりした内容をここに紹介します。ちなみに、マティニョン(仏首相官邸)はXの作ったワインを購入しているそうです。
内容は、良質ではないと思われるAOCワインを販売している巨大ネゴシアンの成功についてです。やり取りをそのまま掲載しますので、私個人の意見だけを反映している訳ではないことを断っておきます。

ルイ・ジャド社がサントネイのドメーヌ・プリウール=ブルネを最近取得した件について議論しました。

私-- X、畑の過度の集中について貴方の意見を伺ったけれども、ワインについて私が憂慮しているのは、ジャド、ベジョ・・・などの、良質でなくて且つ安いワインを販売する者が成功を収めていることだ。昨日もまたコート・デュ・ローヌのネゴシアン企業(ラファエル・ミシェル)がAOCの巨大詐欺の捜査を受けている。この企業の売上高は3千万ユーロにもなるそうだ・・・要するに、良質でないものが成功しているのだ!!!! で、私がとても残念に思っているのは、そういう者たちがAOCのワインをできるだけ安く売ることで、AOCシステムの評価の恩恵を受けていることだ。つまり、そのAOCの評判は、ネゴシアンのワインの品質によって形成されたわけではないのだ。(訳注: 大ネゴシアン企業は、AOCの畑を買収し、製品は良質でなくともそのAOCを名乗ることで、他の優良生産者の築き上げてきたAOCの評価を得ながらも安売りすることで成功している。)

X-- うん、君は良くわかってる。現在の大ネゴス企業は、吸血鬼かなにかのように、一括して売りに出たドメーヌの畑を全て買っている。そもそもネゴスが、容易に価格差を正当化できるクリマと格付けの表記を始めたこともあり、うなぎ登りのブドウの価格などを彼らが独占的に決定している。それが小規模ネゴシアンをどんどん追い出して自分たちの供給元を確保するやり方で、そうして自分らの選択した販路で好きなように販売できるわけだ。
問題は、生産者農家の所有者と、畑、特に上級クリュをどんどん取得していく醸造ネゴシアンとの間の不均衡さが大きくなっていることだ。ネゴシアンのワイン作りは残念なことに大変大雑把で、彼らのワインが伝説的クリマに求められるレベルであることは大変稀だ。ドタバタコメディーがワインを作っているようだ。

私-- 悲しいね!私は、ネゴシアンの有名ブランドのワインが、そのAOCのレベルだったためしがないと思っている。そういうワインを試飲する機会は時々あるけれど、その都度「ああ、確かに良くない・・・」と思う。そして更に最悪なのが、そういう企業のワインがよく売れていることだ。輸出ワインを見るとよく分かる。日本(もしくはアジア全体)では、グラン・クリュと村名ならば、同じアペラシオンなら安ければ安いほどよく売れる(但しプルミエ・クリュは例外)。その上、ネゴシアンが雑誌や批評家やソムリエ協会などのスポンサーとなって、これらいつも同じブランドが至る所で見られる。レストランも同じ論理で、同じアペラシオンの中なら出来るだけ安いものだ。星付きレストランのワインリストを見た? ルイ・ジャドが至る所にある‼ そんなソムリエやワイン屋がしっかり仕事してるとは言わないでくれ。

X-- 格付けとクリュの名前ばかりが追い求められている。ワインがその格付けに値することは滅多になく、名声を不動のものとする著名生産者以外は殆ど流動的でない! けれど、そこの誰もがあまり流動的でないことをとても望んでいる・・・ワインを本当に良く知る人というのは所詮売上の1%でしかない。つまり、無いに等しい。

私-- はい、貴方が言おうとしているのは、上質ワインの市場はほぼ無いに等しいと。人々は格付け、ブランド、そして伝説化した名前に麻痺している。だけど一方で、私が感銘しているドメーヌが成功を収めるのを目の当たりにすると、私はとても嬉しい。彼らの成功だけれど、私も安心する・・・著名生産者については私は貴方とちょっと意見の違うところもある。私も全てを知っているわけではないけれど、試飲すると明らかに素晴らしいものもある一方、どうしたらこういうワインに情熱的になれるのか全く理解できないものもある。


2017年7月25日火曜日

Le vin oxydé -- pour les nuls

Suite à une question d'une amie et très bonne cliente, je vais tenter d'expliquer rapidement ce qu'est un vin oxydé.

Je parle pour les grands blancs de Bourgogne. Pour ces vins c'est un défaut irréversible du vin. Il arrive malheureusement trop fréquemment, du moins sur les vins bus aux États-Unis -- pas au Japon ??? -- comme en témoigne le  site Premox Wiki qui répertorie les cas d'oxydation par domaine.

De quoi s'agit-il? Sous l'action de l'oxygène le vin se transforme en quelques années. Il prend progressivement une couleur typique facile à reconnaitre: ambrée voire parfois brun foncée, ce en fonction du degré d'oxydation et des composants du vin qui s'oxydent . Ci-dessous quelques photos de vin qui me semblent complètement oxydés.







 

Tous les vins oxydés présentent les mêmes arômes dominants et masquants. C'est d'abord le miel, puis l'encaustique avec parfois des touches madérisés. Le vin est "cuit". Ces arômes n'ont rien à voir avec un quelconque terroir et ne sont jamais recherchés par les vignerons.

Quels sont les vins sensibles à l'oxydation?
Malheureusement les cas d'oxydation concernent aussi les grands crus blancs, pas seulement les petits vins. Nombreux sont les Batards, Chevaliers ou autres Montrachet prématurément oxydés! C'est un fléau. Voir la liste Premox-Wiki ci-dessus.

Les raisons?
Pour faire simple: principalement la vinification! La réponse à cette question est assez technique. Si vous êtes intéressé, demandez à des pros compétents (comme Vins Fins Motohama par exemple) ou prenez des cours d'oenologie pour les pros. Pour vous aider voici tout de même un principe général: le vigneron fait un choix, soit il veut faire un vin de grande garde, soit il veut faire un vin qui se goûte bien jeune sur des arômes fruités.

2017年7月23日日曜日

Du succès du négoce peu qualitatif...

Je retranscris une petite discussion avec un célèbre ami vigneron de Meursault -- Mr X -- qui vend d'ailleurs ses vins à Matignon :-). Elle traite du succès des grosses sociétés de négoce qui vendent des vins d'AOC de qualité médiocre à mon avis. Les propos sont verbatim et ne reflètent que mon avis personnel.


Nous parlions donc de l'acquisition récente par Louis Jadot du domaine Prieur-Brunet à Santenay...

Moi - X., pour reprendre tes propos quant à l'hyperconcentration foncière. Ce qui m'inquiète avec le vin c'est ceux qui vendent mauvais et pas cher réussissent: Jadot, Bejot, etc... Je regardais hier le cas d'une entreprise de négoce en CDR (Raphael Michel) qui est mise en examen pour fraude massive sur les AOCs. Son CA est de 30 millions d'euros... En gros les mauvais réussissent!!!! Ce qui m'attriste c'est qu'ils profitent du système AOC pour vendre le moins cher possible les appelations. Alors que ce ne sont pas la qualité de leur vins qui font la réputation de ces appelations.

X - Oui Vincent tu as tout compris. Le grand négoce aujourd'hui vampirise l'achat de toutes les terres et s'octroie l'ensemble - enfin presque! - des domaines qui se vendent en une fois. Il est largement à l'origine de la notion de climat et de leurs classements qui valident des échelles de prix confortables, il détermine quasi exclusivement le prix des achats en moûts... qui ont fortement augmenté. Une manière de plus de faire sortir le petit négociant de la place et de préserver ses appros... qu'il peut ensuite redistribuer à sa guise selon les canaux de distribution qu'il choisit.
Le problème c'est que le déséquilibre entre propriétaires exploitants et négociants éleveurs de plus en plus propriétaires - surtout dans les meilleurs Crus - se creuse. Leur viticulture est hélas très approximative et rares sont ceux qui livrent des bouteilles au niveau de la légende des climats qu'ils revendiquent.
C'est un peu le système Ribadier appliqué à la viticulture...

Moi -- Triste! Perso je trouve que les grandes marques de négoce sortent des vins qui n'ont jamais le niveau de leur AOC. Ca m'arrive de les gouter et à chaque fois je me dis: ah oui... c'est mauvais... Le pire est que ces entreprises vendent très bien leur vins, je le vois à l'export. Les japonais (ou les asiatiques en général) achètent n'importe quoi en GC et Village si c'est moins cher que les autres au même niveau d'appelation (mais jamais les PCs!). En plus les associations de sommeliers, et autres critiques doivent être largement sponsorisés car on voit ces mêmes marques partout. Les restaus c'est la même logique. Le moins cher pour le niveau d'appelation. As-tu vu les cartes des étoilés? Du Louis Jadot partout!!!! Ne va pas me dire que le sommelier ou le caviste fait son boulot.

X - Je pense qu'en dépit de ce que l'on dit, le flou est entretenu et que le classement et le nom du Cru ont trop d'importance. Les vins sont rarement en phase avec ces hiérarchies et en dehors des noms célèbres qui font tout pour conserver leurs places... bien peu de choses bougent! Mais tout le monde en place a - un grand - intérêt à ce que cela ne bouge pas trop...les connaisseurs avertis représentent moins de 1% des achats. Autant dire, Rien.

Moi - Oui tu es en train de dire que le marché pour le qualitatif est quasi-inexistant. Les gens sont lobotomisés par les classements, les marques, et aussi certains noms devenus mythiques. Heureusement tout de même ca me fait plaisir de voir quelques domaines que j'apprécie avoir un certain succès.!!! Tant mieux pour eux mais ça me rassure aussi... Un petit bémol quant aux noms célèbres. Je ne les connais pas tous, mais pour en avoir gouté, certains sont excellents ça me parait une évidence mais pour d'autres je ne comprends pas l'engouement qu'ils suscitent.

2017年7月11日火曜日

ワインの価格について

ワインの日本での消費動向を調べていると、ワインの購入価格分布には二極分化の傾向があることに気がつきます。つまり、日本で購入・消費されているワインは、

1.メディアなどで頻繁に取り上げられるけれど、必ずしも上質とは言い難い著名ドメーヌの高価なワイン

2.できるだけ安いワイン

が最も多く、この二極の中間価格帯、大体3千円から1~2万円くらいのワインがあまり購入・消費されていないようです。

このことから言えることは、ワインのクオリティーには相応の価格があることに、消費者が気がついていないことが伺えます。

ワインというものがどういう所でどのように作られているかをご存知ならば、ワイン一本に何十万円も払うことは決してないし、ワインの美味しさがどこから来るのかを知っていれば、逆に安いワインの安い理由もまた明白です。ワインを飲むことを楽しむ愛好家ならば、広告宣伝に費やすよりはクオリティを追求する優良生産者の作る、品質に対して適正な価格のワインを探すでしょう。

原文(français)>Petite leçon de français et de vin...

2017年6月27日火曜日

Petite leçon de français et de vin...

Avec Jean-François Germain,  une référence à Meursault

Les gens ne connaissant pas le vin achètent généralement de 2 façons assez opposées:

1. Soit ils paient très cher des vins de domaines surmédiatisés et pas toujours qualitatifs.

2. Soit ils achètent les vins le moins cher possible.

Ils n'ont pas compris qu' il faut payer la qualité à un juste prix.

Quiconque connaissant comment est fait le vin ne paiera jamais plusieurs centaines d'euros une bouteille! Il cherchera l'excellence à des prix encore raisonnables chez des bons producteurs moins médiatisés.

サマーギフトのご案内


2017年6月22日木曜日

テロワール、テロワール・・・「テロワール」って何?

テロワール、テロワール・・・

シレックス Silex

「テロワール」という言葉が現在日本で流行しているようです。「テロワールワイン」をいたるところで見かけます。

でも、「テロワール」なワインってなんですか?

「テロワール」って何ですか? で、テロワールでないものって何?
もっと具体的に言うなら:テロワールの味わいやアロマって何? そして、テロワールでないものの味わいやアロマは? テロワールの特徴は? テロワールはどう見分けるの?

「テロワール」ワインは、他のものより良いの? もしそうなら何故良いの?
どの生産者が「テロワール」なのを作っていて、そうでないのは誰?

私たちのセミナーに参加した人なら、私たちの考えの大まかなアイデアはご存知でしょう。もしこの疑問に興味がある方がいたら、是非私たちに会いに来て・聞いてください! 勿論、このことを理解するには上質ワインを試飲しないといけません。しかし、上質なワインは、ブルゴーニュのワインでさえ大変少ないのです!!! 生産者の大多数は、実際のところ平均的で、そうでなければ酷いのです。だから、アペラシオンは必ずしも、品質 --もしくは「テロワール」-- を保証していません。



Original(Francais)> Terroir, terroir...

2017年6月21日水曜日

Terroir, terroir... Mais ca veut dire quoi????

和訳>テロワール、テロワール・・・

Terroir, terroir...

Silex

Le mot "terroir" semble à la mode au Japon en ce moment. On voit des "vins de terroir" partout...


Mais c'est quoi un vin "terroir"? 

Qu'est-ce qui est "terroir"? Et ce qui ne l'est pas?
Plus concrêtement: quels sont les goûts et arômes de terroir? Et ceux qui ne le sont pas? Comment les caractériser, les reconnaitre?
Les vins "terroirs" sont-ils meilleurs que les autres? Si oui, pourquoi?
Quels sont les vignerons qui font/ne font pas "terroir"?

Ceux qui ont assisté à nos séminaires ont une idée de ce que nous pensons. Si vous êtes intéressé par ces questions venez-nous voir! Bien sûr il faut gouter des vins qualitatifs peut comprendre. Mais les vins de qualité sont rares, même parmi les vins bourguignons!!!! La majorité des producteurs sont en fait moyens, sinon médiocres. L'appelation ne garantit donc pas toujours la qualité... ou le "terroir"...




2017年5月31日水曜日

ドメーヌ・ポール・ジャナン&フィス


Vins du Beaujolais : Deux cuvées qui subliment... 投稿者 larevueduvindefrance

2000年のソムリエ世界一のオリヴィエ・プッシエが、ドメーヌ・ポール・ジャナン&フィスのムーラン・ア・ヴォンについて語ります。「…20年から30年は十分熟成できる、セラーに必ず持たれることをお勧めするグランヴァンです!」


トップ2013クリュボジョレー
ムーラン・ア・ヴォン レ・ヴィーニュ・デュ・トランブレィ2013
(デカンタ誌より、詳しくはこちらにも)

【ベスト ボジョレー・ヴィラージュ】
■ボジョレー・ヴィラージュ レ・ヴィーニュ・デ・ジュモー07
【ベスト クリュ・ボジョレー】
■ムーラン・ア・ヴォン クロ・デュ・トランブレイ07
(共に、ベタネデソーヴ「フランスワインガイド2010」より)

ジャナンの記事は> [ブログ]ドメーヌ・ポール・ジャナン&フィス


2017年4月14日金曜日

ポルシュレ ポマール・シャンラン&フレミエ、ヴォルネイ・シャンパン2014

2017年4月8日に試飲。
ドメーヌ・モンテリー=ドゥエレ=ポルシュレの
全て2014年。


ワインは全て12時間前に抜栓。

ワイン生産者カタルディーナ・リッポは、全除茎、低温マセレーション、16~18ヶ月の長い樽熟成。新樽約1/3。

ポマールPCシャンラン (shop)

明るい色調ながら力強い。口中の素晴らしい緊張感。大変余韻が長く、複雑で、素晴らしいレトロオルフェクション。偉大なワインです。

ポマールPCフレミエ (shop)

おそらくシャンランよりエレガント。勿論好みによります。
タンニンはずっと滑らかで、多分更に複雑で、かなり深い。レトロオルフェクションも素晴らしいです。

ヴォルネイPCシャンパン (shop)

タンニンは更にもっと滑らか。おそらくずっと温暖な畑のせい?スタイルが前2種とは多少違う感じ?色調は前2種よりも深い色合いで、多少濁っていて、ちょっとボルドーのワインのような感じです。大変楽しめるワインですが、少なくともこの日はまだ他の二つのレベルには至っていません。

これらのワインはどれも長熟するようデザインされています。10~15年の間に飲んでも全く問題ありません。これらのワインのスタイルは大変貴重です。これら3種のプルミエ・クリュを比較するのは大変興味深いです。今回の試飲から言えることは、ブルゴーニュの異なる畑のワインは、畑の位置があまり離れていなくても、味わいは全く異なるということです。そしてこの事から、彼女が大変明確なスタイルの良い仕事をする生産者だということが言えます。

追伸(2017年4月10日):これらのワインの作り手カタルディーナ・リッポとメイルでやりとりしました。(彼女は今アメリカで自分のワインの紹介をしているところです。)ヴォルネイが他のポマール2種と味わいが多少異なるので、この3つのワインの醸造プロセスが同じかどうかを尋ねました。彼女の返答は明確で、この3種のワインは全く同じ醸造を行ったそうです!!! 彼女曰く、シャンパンは暫く待つ必要があるとのこと。彼女のワインについては、私よりも彼女のほうが良く知っているけれど、私も同じ印象を持ちました。シャンパンはまだ果実味のある段階で、アミル基のアロマが現在あります。

追記:ヴァンファン本浜はドメーヌ・ポルシュレのワインの正規輸入者です。生産者セラーから直接定温輸入しています。

原文(Francais)>Porcheret - Pommard(s) Chanlins & Fremiers and Volnay Champans 14

2017年4月9日日曜日

Porcheret - Pommard(s) Chanlins & Fremiers and Volnay Champans 14


Tasted on the 8th of April: Porcheret's Pommard 1er Cru Chanlins, Pommard 1er Cru Fremiers and
Volnay 1er Cru Champans, all vintage 14.

Bottles were opened 12 hours in advance.

Winemaker Cataldina Lippo uses full destemming, cold soaking, long ageing in barrels
16/18 months. About 1/3 new oak for barrels.

Pommard PC Chanlins. Light color but powerful. Great tension in mouth, very long, complex, great retro-olfaction. Superb.
Pommard PC Fremiers. May be more elegant than the Chanlins, that is a matter of taste...
Tannins are smoother, may a bit more complex, quite deep. Superb retro-olfaction too.
Volnay PC Champans. Tannins are even smoother... May be due to a warmer parcel? Style seems to be slightly different (?). Color is darker than the two other wines, a little troubled, it looks a bit like a Bordeaux wine. Enjoyable but not as the level of the other two wines, at least on that day.

All these wines are designed for ageing. They can be drunk in 10 or 15 years without problems. The style of these wines is very precise. It was really interesting to compare these three PC wines. This tasting confirmed that burgundian wines from very close parcels can really taste differently. And this shows also that the winemaker is good with a very precise style.

PS - 10th of April: I had an email conversation with Cataldina Lippo who made these three wines. (She is now in the US to present her wines.) Since the Volnay tasted slightly different from the two Pommards I asked whether she really apllied the same vinification processes for the three wines. And her answer is clear: she dis exactly the same vinification for the three wines!!! She said that Champans needs to be waited for. She knows her wines better than I do but I have this feeling too. Champans is still too fruity with amylic aromas right now.

2017年4月5日水曜日

カーヴの奥底に眠る古いワイン。それは・・・

カーヴの奥底に眠る古いワイン。それは・・・


『売れ残り』です!

日本に残る古酒信仰が消え去ることが無いのが不思議です。古いワインというのは美味しくはありません!むしろその反対です。相も変わらず同じような昔話ワインを取り揃え、信じられないようなストーリーを語り・・・という状況が今だに目につきます。

これは何故でしょう?上質の古いワインがそうも容易に入手できるのでしょうか?

まず、技術的・品質的な問題です。
今まで何度も述べてきましたが、10年や15年も先に飲まれるように作られたワインは本当にわずかしかありません。上質なワインだけ、つまり
- 大変上質なテロワールで作られたブドウで
- 良い生産者が
- 長期熟成するように作ったワイン
だけが、瓶中で7~8年で本当に良く熟成します。そして、そういうワインは大変稀です。15年位の後は、グランヴァンでも保存し続けることで更に得るものは何もありません。

そして、ワインの出所について。

フランスの生産者の手元には、販売用の上質の古いワインの在庫はほぼありません。良い生産者のワインは、瓶詰めの年に、割り当てのある個人客か輸入者に全て販売してしまいます。それ以外の人には、売るものは何も残っていません。勿論生産者自身の自家消費用に少しワインを持っていたりしますが、皆さんが一観光客ならば、そういう古いワインを1ケース入手することを夢見たりしないでください。

ところが一方で、生産者によっては、またネゴシアンなんかは、販売されなかった(売れなかった)古いワインの在庫があります。皆知っています。そしてそれらが売れなかったのにはちゃんと理由があります。美味しくないからです。

そして、次の点、フランスや日本において中間業者を介して1本単位で購入したワインについて。レストランで売られなかったもの、セラーの中で忘れ去られていたものが奇跡的に発見された、オークションで販売された・・・等々。こういうものは、避けるべきでしょう。当然でしょう!第一に、並行輸入で再販売は限りなく違法の可能性があります。そして、こういったワインの適正な保存状態とワインの真偽性は大変疑わしいです。一般的には詐欺です

日本国内で長く保存されたワイン? ありえます。品質を求めるなら、良いワインショップが、良い輸入者の輸入した日本に到着して間もないワインを購入して、良いセラーに保存しておいたものでなければいけません。そういった本当に良い仕事をするワインショップや輸入者は大変稀です。(ヴァンファン本浜は勿論良い仕事をしています。) そういったところ以外から、上質の古いグランヴァンを購入する夢を見ないでください。

原文(Francais)> Stock de vieilles bouteilles...

2017年4月1日土曜日

Facebookグループ「福岡ワイン好きの会」について


我々ヴァンファン本浜は、Facebookページ「福岡ワイン好きの会」における我々への批判に応じなければならないことを大変残念に思います。が、このページは非公開で、私たちのアクセスは拒否されてしまったため、本ブログにて回答するしかありません。ここで本記事に関わる方々、特にこのFacebookページのオーナーと管理者の方々は、ご意見・コメントいただけるようでしたらどうぞこちらにお願いします。

当該Facebookページは、「ワイン好き」と題し、ワイン好きであればワインについてなんでも意見交換できる場だと理解していました。が、実際はそうではありませんでした。投稿するワイン瓶の写真の多くにコメントは殆ど無く、似通った有名ワインやもう昔話でしかないようなワインを挙げ続け、まるで飲んだということを自慢するだけで満足されているようなものが度々見られました。また、非公開ページであることを利用し、プロでは無い人たちが企画した私的ワイン会を大々的に宣伝し、そこに派生する利益は当然少なくはないようです。つまり秘密裏の非公式ビジネスがそこで横行していることは明らかです。

今まで私たちがそのページに参加していたのには2つの理由があります。まず第一に、私たちは心からワインについて意見交換したかったし、ワイン愛好家の意見に大変興味を持っていました。第2に、私どもは専門家として、そしてワインに真剣に向き合っている者として、人々の興味や消費動向を観察する目的です。そして参加してあまり日が経たないうちに、メンバーの挙げるワインが、疑わしかったり、あまりに馬鹿馬鹿しいか、でなければ偽ワインの可能性もあることに気づき始めました。60年物のDRCとか、大変古いペトリュスやオーゾンヌなど、超有名ドメーヌの古いヴィンテージのワインです。私どもはその状況にすぐに苛立ち始め、最近はそういった古いワインを見かけたら直ぐにそのワインの出所を尋ねるようにしました。しかし残念なことに、その質問にきちんと回答を得たのは、たった1度だけでした。

我々のコメントは、常に失礼の無いように、しかし明確に示していました。そのことで一部のメンバーと管理者は苛立ったのは明白です。結果、3月12日日曜日に我々のページへのアクセスは拒否されてしまいました。ですから、最後の、我々に批判的な人々からサポートを受けた人の完全に偏った我々への批判に、そのページの中で返答することさえできませんでした。

ではその当該投稿と議論は何だったかというと、メンバーの一人が投稿したワインパーティらしい様子でした。彼が挙げたのは、シャトー・ラトゥール ポイヤックの1945年のワインでした(写真以下)。ワインの値段は(多分)数十万とのことでした。勿論、値段は購入者の気分と狂気に依るでしょう。

そこで我々は、そのワインが本物かどうか尋ね、販売者や輸入者などの出所を質問しました。そのことに対し我々は何ら明確な返答は得られませんでした。代わりに、そのワインパーティに参加したと思われる方々が、我々の質問が失礼だと批判し始め、結果として管理者が我々をメンバーから消去したようです。

我々はこれは馬鹿げていると思います。まず第1に、そんな希少なワインを所有していたなら、どうやってそのワインを入手したか説明するのは全く問題ないはずだし、むしろ誇りを持ってお話しされるのではありませんか?もっと大事なことは、真面目なワイン商の専門家なら、自分が販売するワインの出所と真偽性についてちゃんとチェックすべきです。我々はその点においては一貫して真面目に取り組んでおり、これからもそれは決して変わりません。当該者との意見交換が不可能になってしまった今、この議論の正当性ついて、後は読者に判断を委ねます。

追伸。シャトー・ラトゥール45のワインについて、真偽性をシャトー・ラトゥールに直接問い合わせました。その事についてはまた後の機会に。
写真: Facebookグループ「福岡ワイン好きの会」より

2017年3月22日水曜日

味には人の好みがあるのに、どうしてワインが美味しいかどうか判断できるの?

原文(Français)> "Bon" vs "Qualitatif"
私たちの大切なお客様マダムYの質問への私の回答をここに載せておきたいと思います。
マダムYの質問は:

味には人の好みがあるのに、どうしてワインが美味しい・良いかどうか判断できるの?

です。質問は一見単純に見えるかもしれませんが、その答えはそう明白でもありません。が、もしこの質問を正しく再定義できれば、答えもまた容易となります。

(ここでは「美味しい・良い」と訳した)フランス語の「ボン」は、いくつもの意味を持っていて曖昧かもしれません。
「ボン」の意味には
- (1)飲食を通して感じる喜びや楽しみ、または一般的に感じる喜びや楽しみ。よって、「ボン」は「心地よい」と同義語でもあります。
- (2)品質のレベルが高い。
これら二つの意味は実際には大変異なります。

最初の「ボン」は「心地よい」と同義語で、飲食の喜びと関係していて、これは全く主観的な表記です。「蓼食う虫も好き好き(趣味嗜好には理由がない)」ですよね?じゃあ、ここに議論の余地は無い! 実際、あるワインが「ボン」かどうか、この意味で客観的に判断するのは不可能のようです。それが、マダムYの意図した点のようです…

にもかかわらず、飲食の「心地よいの意味での美味しい」についていくつか言及することはできます。

1/ すでに述べたように、この「ボン」は「品質」ではありません。皆さんに納得いただくために、私の子供たちの例を紹介します。もし私が彼らに何が美味しいか、もしくは何を食べたいかと問えば、彼らはこれと言うでしょう:

けれど私は、これが上質とは見なさないでしょう。

2/ 味の文化、味覚の学習、もしくは食育と呼ばれるものがあります。
人の味覚というのは、その人の生活や経験如何によって発達します。乳児は母乳しか好きではありませんし、チーズ、マーマイト、味噌などの発酵食品の味わいを受け入れるのには、一般的には時間がかかる、などなど。

3/ 私はまた同時に、何でも美味しいというのにも理解できません。全て美味しいというのは、つまり味覚が全くない、もしくは批判精神が無いのと同じです。このことに関して、10年以上熟成した素晴らしいブルゴーニュの白ワインを試飲した時のことをお話ししましょう。私たちは、ペルーからの20名ほどのお客さんと一緒でした。誰もがその熟成白ワインを驚くべき素晴らしさだと言いました。ただ、ブルゴーニュワイン初心者の一人を除いては。彼女は、ワインが「フルーティー」でないという判断で、好きではないと言い放ったのです。彼女の分析は明快適切で、長期熟成させたこのワインには全く果実味は無く、実際だれもこのワインに果実味を追求しません。この方が、自分自身が好きか・喜ばせられたかどうかを知ることができる精神の完全な自由さに、私は大変感銘したのです。最後に、ワインを選ばなければいけない専門家が、どれも美味しいでは困ると思います。

では今度は、マダムYの素朴な質問中の「美味しい」を「上質」に置き換えてみると、

どのようにワインの品質(上質かどうか)を判断するのか?

となります。

今度は、私は客観的にワインの品質を評価することは全くもって可能だと断言できます。そのためには、観察可能で、妥当・健全な品質の基準を定めなければいけません。そうすれば全く問題ありません。

その基準にはどういうものがあるでしょう?その点については、幾つもの信条や学派などがあります。それはそこに集う人々の興味によって大変異なります。そして、沢山のストーリーがあります。中には信憑性に乏しいものも。

多くのストーリーの中で、私があまり高く評価していないものをあげると、
- 「古い」ワイン。これは日本では大変人気です。この場合、古ければ良いワインとなるわけです。だから、40年もののブルゴーニュ広域や、10年物のボジョレー・ヌーヴォーを飲むわけです。
- パーカー・ポイント。0から100点で点数付け。分かり易い。グル(導師)を信じるだけで十分。
- ワインの価格。更に絶対的な順列の基準です。高ければ高いほど良いワイン。
- 「自然派」ワイン。ワインが「自然に」作られていなければいけない。アイデアは美しいけれど、実態とは全く関連していない。
- 「亜硫酸塩不使用」ワイン。醸造の際に亜硫酸塩を仕様していなければよい。
- ビオディナミ。シュタイナーを始祖とするある種の宗教。誰も彼の本を理解できないでしょう。

ビオ」についてはもう少し皆さんにお話しできることがあります。ビオには政府機関が制定した仕様があります。アイデアは「化学的に合成したものをブドウ畑に使用してはいけない」ということです。勿論議論の余地は大いにあるのですが、ここではお話ししません。

皆さんに笑っていただいた(と、少なくとも私は願っているのですが)その後で、我々ヴァンファン本浜が支持する原則に戻りましょう。それは、「テロワール」ワインです。もしあなたがこの使い古された言葉を好きでないなら、アイデアを次のように言い換えてもよいです。

ワインが、ブドウが作られた場所の区画を反映したもの

区画のワインというこのアイデアは、ブルゴーニュ・ワインの格付けと商品化の中心を成すものです。

例えばここにジュヴレ・シャンベルタンの区画を記した地図があります。



区画とは、何ヘクタールかの四角い土地です。上級のブルゴーニュワインは、そのブドウの作られた区画の名前を付けます。アイデアは、まず最初に区画が品質を決め、そして大体ワインの値段も決まるのです。

最も有名な区画は、何世紀も前から定められています。フランス政府公式の格付けは、ブルゴーニュ・ワインは1936年(AOC)からありますが、これは畑の区画にのみ格付けするものです。一方ボルドーの場合は異なっていて、ワインを生産するドメーヌ(ボルドーではシャトーと呼んだりする)を格付けします。

もしワインがよく作られていれば、ブラインド試飲で、作られた区画を当てることも可能です。例えば、よく作られた「ラヴォー・サン・ジャック」は、ラヴォーのような味がするはずだし、カスティエはカスティエのような味わいのはずなのです。

マダムYの質問を再編成して回答すれば、ワインの根本的品質は、作られたテロワールを反映しているべき、と考えるならば明らかです。

そうすれば今度は、テロワール・ワインについて興味深い質問を更にすることもできます。
- テロワール・ワインはボン(美味しい)か?--「心地よい」と私は思います。
- テロワール・ワインのアロマや香りはどんなですか?試飲によってどのように見分けることができますか?
- テロワール・ワインはどのように作りますか?

そんな話をしたい方は、どうぞ私たちに会いに来てください。ご一緒に大いに語り合いましょう。